第30期JETプログラム参加者の日本への出発(2016年7月23日(土))

  

 7月22日、当館はデンバー市内の会議室において第30期JETプログラム参加者(69名)の出発前オリエンテーションを、また、総領事公邸において歓送レセプションを行いました。レセプションでは、伊藤総領事より、JETプログラムが、日本の英語教育だけではなく、日米の相互理解促進にも大きく貢献している旨強調し、今次JET参加者のそれぞれの派遣先における活躍に対する期待を込めて祝意を述べました。また、JETプログラム同窓会のエミリー・フリーマン会長からも、参加者への激励が行われました。参加者は翌23日に日本に向けて元気に出発しました。彼らの日本での活躍を期待します。