一般旅券(パスポート)

パスポート(旅券)申請について

● 当館では、管轄地域内(コロラド州、ユタ州、ニューメキシコ州、およびワイオミング州)に居住する方々のパスポート申請を受け付けています。その他の地域にお住まいの方は、各地域を管轄する日本の大使館、総領事館にご照会ください。

● パスポートの更新は、有効期間が満了する1年前から可能です。(例:2019年6月1日に失効する場合は、2018年6月2日から更新可能)

● 各申請書は窓口に常備してありますが、事前に入手されたい方は、下記の「旅券発給等の申請書の事前入手方法」をご覧ください。

● 申請書には、申請者本人の署名(2箇所)が必要です。申請書表面と裏面(ダウンロード申請書は1枚目と2枚目)の「所持人自署」および「申請者署名」欄に必ず申請者自身が署名してください。表面の「所持人自署」欄は英語での署名も可能ですが、裏面の「申請者署名」欄は、戸籍通りに日本語で署名してください。

● 署名のできない乳幼児(おおむね6歳未満)の場合は法定代理人(親権者)が代筆できます。

● 申請者が20歳未満の未成年者の場合は、法定代理人(親権者)の署名が必要です。申請書裏面(ダウンロード申請書は2枚目)の法定代理人署名の欄に、戸籍通りに日本語で署名してください。法定代理人(親権者)が国外または他州にお住まいで旅券申請者と同居されていない場合は、署名済みの旅券等申請同意書(印刷してご利用ください)を法定代理人から取寄せ申請書と一緒に提出してください。

● 申請書の現住所および電話番号は、米国において永住または長期滞在されている方は、米国内の住所および電話番号をご記入ください。

● ダウンロード申請書を印刷する際は、申請書の情報が全て印刷されていることを必ずご確認ください。きちんと印刷されていない申請書を受理することはできませんのでご注意ください。

● 新しいパスポートの交付(受領)は、5業務日以降となります。

● パスポートの交付(受領)には、申請者本人が当館窓口または出張サービス会場にお越しください。

● 手数料は、交付(受領)時にお支払いいただきます。現金またはマネーオーダー(支払先はConsulate-General of Japan)でお支払いください。パーソナルチェック、クレジットカードでのお支払いはできません。

● 新しいパスポートの発行の日から6ヶ月以内に受領しない場合は、自動的に失効いたしますのでご注意ください。

● 婚姻などにより戸籍上の氏名、本籍地に変更があった場合や、外国人との婚姻などにより氏名の別名併記を希望する場合は、有効満了日が現在所有のパスポートと同じである「記載事項変更旅券」を申請することができます。

● 遠隔地にお住まいの方を対象に、郵送による仮申請を受け付けております。仮申請時に交付日(1週間以上後日)を決め、その日に受取りにお越しいただきます(本人確認が必要なため、郵送で受取ることはできません)。詳細につきましては、下記の「郵送による仮申請」をご覧ください。緊急の場合や他に質問がありましたら、当館303-534-1151(旅券係)までご連絡ください。
 

【一般旅券新規発給・更新申請に必要な書類】

 

1. 申請書(10年または5年)1通
 (折り曲げ厳禁)   
 

本籍地や日本国内の緊急連絡先を記入する必要がありますの
で、予めご確認ください。

申請人が20歳未満の場合は、5年旅券のみの申請となり、10年旅券の申請はできません。また、法定代理人(親権者等)の署名が必要です。

法定代理人(親権者)が国外または他州にお住まいで旅券申請者と同居されていない場合は、署名済みの旅券等申請同意書(印刷してご利用ください)を法定代理人から取寄せ申請書と一緒に提出してください。


2. パスポート
 

現在所有している有効なもの、または過去最後に発行されたもの

3. 戸籍謄本または抄本 1通


申請日より過去6ヶ月以内に発行されたもの(コピー不可)

同一戸籍内にある複数の方が、同時にパスポートを申請する場合は、戸籍謄本1通の提出で構いません。

有効期限内の更新で、記載事項(氏名や本籍地)に変更がない場合は必要ありません。

戸籍謄(抄)本の入手方法については、本籍地の市区町村役場に直接お問合わせください。

4. 写真 1枚

無帽、無背景、正面から過去6ヶ月以内に撮影されたもの
サイズ: 縦4.5センチ x 横3.5センチ(2 x 2インチの写真も可)
ご自身で写真を撮られる場合は、写真専用紙等を使用し、画質が適切であることをご確認ください。詳細は以下の外務省ホームページをご覧ください。
パスポート用写真の規格 http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/ic_photo.html

留意点(以下の写真は受け付けできない例の一部です。)
・目がはっきり確認できない
・眼鏡のレンズが光に反射している
・カラーでも白黒でも可であるが、写真が鮮明でない(焦点が合っていない)
・影がある
・平常の顔貌と著しく異なる(例えば、口を開き歯が必要以上に見える)
・ヘアバンドなどで頭髪を覆っている
・背景と人物の境目がわかりにくい


5. 米国での有効な滞在資格を示すもの
 

有効なビザ、グリーンカード、I-20等
米国籍を有している方は、出生証明書または米国旅券(証明書はコピー可)


6. 外国式氏名の表記または別名併記を新たに希望する場合の疎明資料
 

米国旅券、米国出生証明書、婚姻証明書、グリーンカード等(証明書はコピー可)

7. 手数料(2018年4月1日改定)

10年有効旅券(20歳以上の方のみ)
$143.00

5年有効旅券(12歳以上の方)
$98.00

5年有効旅券(12歳未満の方)
$54.00

     



【記載事項変更旅券申請に必要な書類】

 

1. 申請書 1通
 (折り曲げ厳禁)
 

本籍地や日本国内の緊急連絡先を記入する必要がありますの
で、予めご確認ください。

申請人が20歳未満の場合は、法定代理人(親権者等)の署名が必要です。

法定代理人(親権者)が国外または他州にお住まいで旅券申請者と同居されていない場合は、署名済みの旅券等申請同意書(印刷してご利用ください)を法定代理人から取寄せ申請書と一緒に提出してください。


2. パスポート
 

現在所有している有効なもの

3. 戸籍謄本または抄本 1通

氏名または本籍地の変更が反映されたもので、申請日より過去6ヶ月以内に発行されたもの(コピー不可)

外国人との婚姻などにより氏名の別名併記を希望の場合(戸籍上に変更がない場合)は必要ありません。

4. 写真 1枚

上記、一般旅券新規発給・更新申請に必要な書類の4.をご覧
ください。


5. 米国での有効な滞在資格を示すもの
 

有効なビザ、グリーンカード、I-20等
米国籍を有している方は、出生証明書または米国旅券(証明書はコピー可)


6. 外国式氏名の表記または別名併記を新たに希望する場合の疎明資料
 

婚姻証明書またはグリーンカード等
(証明書はコピー可)


7. 手数料(2018年4月1日改定)
 

記載事項変更旅券
$54.00

     



【紛失・盗難に伴う旅券の新規発給および帰国のための渡航書申請に必要な書類】

 

1. 紛失・盗難届出書 1通
(折り曲げ厳禁)
 

本籍地や日本国内の緊急連絡先を記入する必要がありますので、予めご確認ください。


2.申請書 1通
(折り曲げ厳禁)
 

本籍地や日本国内の緊急連絡先を記入する必要がありますの
で、予めご確認ください。

申請人が20歳未満の場合は、法定代理人(親権者等)の署名が必要です。

法定代理人(親権者)が国外または他州にお住まいで旅券申請者と同居されていない場合は、署名済みの旅券等申請同意書(印刷してご利用ください)を法定代理人から取寄せ申請書と一緒に提出してください。


3. 最寄りの警察が発行した証明書
(ポリスレポート) 1通
 

紛失・盗難を立証する書類
(Lost & Stolen Report、Incident Reportでも可)


4. 戸籍謄本または抄本 1通
 

6ヶ月以内に発行されたもの(コピー不可)

5. 写真 2枚

上記、一般旅券新規発給・更新申請に必要な書類の4.をご覧
ください。


6. 身元確認ができるもの
 

グリーンカード、運転免許証(国際、日本発行、米国発行)、在留邦人からの身元保証書など


7. 外国式氏名の表記または別名併記を確認するための疎明資料
 

米国旅券、米国出生証明書、婚姻証明書、グリーンカード等
(証明書はコピー可)

8. 手数料(2018年4月1日改定)

10年有効旅券(20歳以上の方のみ)
$143.00

5年有効旅券(12歳以上の方)
$98.00

5年有効旅券(12歳未満の方):
$54.00

帰国のための渡航書:
$22.00

     



【郵送による仮申請】

 
1. 仮申請について

遠隔地にお住まいの方(ユタ州、ニューメキシコ州、ワイオミング州に在住の方、コロラド州内でも当館のあるデンバー市からお住まいの市(町)まで90マイル以上離れている方)に、申請の便宜を図るための制度です。

郵送による申請の場合、パスポートの交付(受領)日は、予め設定した期日(1週間以上後日)に限られますので、その日に受取りに来られなかった場合は、発行したパスポートは失効となり、再申請していただくことになります。

2. 仮申請の流れ

記入済、または入力・印刷済の申請書、および必要書類を当館宛てに事前に郵送し、仮申請を行います(受取希望日の1週間前までに、当館に要必着)。

パスポートの交付(受領)予定日に、当館または出張サービス会場において、現在所有しているパスポートおよび手数料(各手数料は上記参照)を持参のうえ、新しいパスポートを受取ります。

3. 郵送で提出するもの

(1)から(6)の
詳細につきましては、上記
「一般旅券新規発給・更新
申請に必要な書類」または
「記載事項変更旅券申請に
必要な書類」をご覧ください。

(1)申請書の署名欄(2箇所)を忘れずにご記入ください。
申請人が20歳未満の場合は、法定代理人(親権者等)の署名が必要です。法定代理人(親権者)が国外または他州にお住まいで旅券申請者と同居されていない場合は、署名済み旅券等申請同意書 (印刷してご利用ください)を法定代理人から取寄せ申請書と一緒に提出してください。
(2)現在所有している有効なパスポート、または過去最後に発行されたパスポートの顔写真のページの写しお手元にある旅券は郵送しないでください。
(3)戸籍謄本または抄本(原本) 1通
 仮申請のため、受取希望日にパスポートの有効期限が切れてしまう方は、戸籍謄本または抄本が必要です。
(4)写真 1枚
(5)米国での有効な滞在資格を示すものの写し
(6)外国式氏名の表記または別名併記を新たに希望する場合の疎明資料
(7)仮申請の同意書((印刷してご利用ください。申請者一人につき1枚要記入)

旅券発給等の申請書の事前入手方法

 
 

パスポートの申請書は、以下の三通りから事前に入手できます。

 1.窓口にて入手

 2.郵送にて取り寄せ
   旅券発給等の申請書請求書(下記リンクよりダウンロードできます)とともに郵送代支払済み返信用封
   筒
を添えて,当館までご提出ください。
     旅券発給等の申請書請求書(PDFファイル)
 3.ダウンロード申請書を利用
    下記リンクより申請書にアクセスし、情報を入力のうえ、印刷して下さい。