平成28年度外務大臣表彰について


 7月13日,外務省は,平成28年度外務大臣表彰の受賞者を発表しました。当館管轄地域からは、ヴァン・ゲッセル・ブリガムヤング大学アジア・中近東言語学部日本文学教授が、日本とアメリカ合衆国との相互理解の促進に貢献した功績により受賞者に選ばれました。
 
 ゲッセル氏は,これまで35年以上にわたり教育者として日本文学等について教鞭をとり、日本文学文化への理解促進に貢献した他、日本文学研究,日本現代文学に関する論説の執筆や講演,特に日本文学者の遠藤周作の文学作品の翻訳・研究・出版等を数多く行い,日米文化交流,ひいては日米友好親善及び相互理解に大きく貢献されています。
 
 外務大臣表彰は,我が国と諸外国との友好親善関係の増進に多大な貢献・功績のあった個人及び団体について,その功績を讃えるとともに,その活動に対する一層の理解と支持を国民各層にお願いすることを目的としています。
 今回受賞されたゲッセル教授に心より祝福申し上げるとともに,これまでの功績に対して深い敬意を表します。