総領事のコロラド日米協会年次総会出席(2016年11月17日(木))

  
 

 11月17日、伊藤総領事はデンバー美術館で開催されたコロラド日米協会(JASC)年次総会に出席しました。総会冒頭、エリック・ヒラガJASC会長より、同会の活動報告が行われた後、マイケル・ハンコック・デンバー市長より、16歳の時のデンバー市姉妹都市である岐阜県高山市への訪問、その後のホストファミリーとの交流等、実体験を交えつつ、両国の特別な友好関係に言及し、更なる関係発展を祈念する挨拶がありました。続いて、伊藤総領事より、JASC及びハンコック市長の両国関係発展に対する貢献にそれぞれ謝意を表明し、今後の日米関係、日・コロラド関係の発展に対して関係者と更に連携していきたい旨挨拶をしました。本年の総会は、「明日の都市に向かって」をテーマとしており、コロラド州で活動を行っている日系企業であるパナソニック・エンタープライズ・ソリューション及びテルモBCT社より、それぞれ短時間の講演が行われる等、活発な日本と当地との関係を象徴する素晴らしい総会となりました。