トップページ > 領事情報 > メールマガジン > 平成25年第43号 洪水によって被災した家屋等の修繕工事を業者に依頼する際の注意点等

在デンバー日本国総領事館領事部 平成25年メールマガジン第43号 (2013年9月21日送信)

洪水によって被災した家屋等の修繕工事を業者に依頼する際の注意点等

洪水によって被災した家屋等の修繕工事を業者に依頼する際の注意点等

 コロラド州フロント・レインジ(ロッキー山脈東麓の平原)一帯に被害をもたらした洪水が治まるにつれ,被災地のみなさまは損傷を受けた家屋等の復旧に余念がないことと存じます。家屋等の修繕工事を業者に依頼する際,業者の信用度を確認するようご注意願います。誠に残念ながら,災害の機に乗じて法外な費用を請求したり,十分な修復技能もなくいい加減な工事を行ったりする悪徳業者が少なからず存在します。どうぞご注意ください。
 

  1. 業者の実績に関する信用照会を,少なくともその業者の既存の顧客一人(一社)から確認するようにしましょう。
  2. 業者のビジネス登録証を見せてもらうなどして,その業者の合法性を確認しましょう。
  3. もし業者から前金を請求されたら,その場で直ぐさま支払わずに,まずは修復工事内容が記載された契約書を用意させ,内容を確認の上,しっかりと契約書をかわすようにしましょう。
  4. ビジネス名(会社名)が表示されていないような車両で家の前に現われて,修繕工事を申し出てくるような業者は,疑ってかかって差し支えありません。

●米連邦緊急事態管理庁からの援助
なお,Federal Emergency Management Agency(FEMA:米連邦緊急事態管理庁)は,被災者に対し被害状況に応じて援助を提供しています。右援助を受けるに当たってはFEMAに登録する必要があります。詳細はどうぞ以下のFEMAのウェブサイトの情報をご参照ください。

Federal Emergency Management Agency(FEMA)
Website: http://www.disasterassistance.gov/
Phone: 1-800-621-3362 (Register for Disaster Assistance)